お薬は正しい容量用法で服用しましょう

トップページ

このサイト「市販薬と処方箋薬の服用方法」では、薬局で販売されている「市販薬」から、お医者さんに処方されて出してもらう「処方箋薬」まで、幅広いお薬の服用他県の口コミを紹介しています。
健康な生活を維持するためにも、緊急時に飲むべきお薬がどういったものなのかを知っておきましょう。

薬の飲み合わせ

薬を飲むときに、注意をしなければならないことがあります。
それは、薬の飲み合わせです。薬には飲み合わせがありますので、やみくもに、複数の薬を飲んでしまってはいけません。
やみくもに飲み合わせてしまった場合、その薬のもつ効き目がきちんと発揮されないことになってしまいます。
それだけではなく、薬の相乗効果で、危険な副作用が発生してしまう場合もあるのです。
そういった薬のリスクをさけるためには、薬の飲み合わせをきちんと意識することが大切です。

別の薬との併用については、問題ないか確認しましょう

病院で薬を処方されるときに、今飲んでいるほかの薬はないか、聞かれるとおもいます。
これが、薬の飲み合わせについてきちんとした指示をするための対処なのです。
今、たとえば別の病院から出ている薬を飲んでいたり、持病の薬を飲まなければならない状態だった場合に、その薬と一緒にのんでも大丈夫な薬を処方してくれるのです。
逆にいえば、こういったことまで考えて処方をしなければならないというくらいに、薬の飲み合わせというのは大切な物なのです。
なので、昔に病院からもらった薬を、いろいろとまぜて飲んでしまうというのは、実はあぶないことなのです。
一回に処方される薬で、たとえば、咳止めと、熱冷まし、いたみどめ、漢方薬、という組み合わせがあることがあります。
こういった場合には、同時に飲んでも大丈夫なように、それぞれの飲み合わせが考えられています。
でも、ありがちなのが、以前処方された薬の残りを、とりあえずいろいろと飲んでしまうことです。
でもこれは、別のときに処方された薬同士を一緒に飲むことになりますので、飲み合わせのリスクがあるということを、理解しましょう。
市販の薬でもお医者さんに相談するのがベターです。
病院から処方された薬であっても、市販の薬であっても、同じことがいえます。
病院の薬を飲みながら、市販の熱冷ましも飲んでしまう、といったことは、薬の効果をさげてしまったり、副作用が発生することがあります。
なので、市販の薬を飲むときには、できればお医者さんに相談するのがベストだといえるでしょう。
最新情報
  • 最近話題のシアリスは、バイアグラよりも新しいEDの治療に開発された医薬品です。
  • 副作用の心配が少ないことで評価されているのがレビトラです。
  • 医学的根拠に基づき、AGA克服の価値ある情報をプロペシア研究所が初心者にも理解できるように解説しています。
  • 借金に関するお悩みは、まずはご相談ください。全国対応の債務整理 福岡が誠心誠意対応させてもらいます。無料相談もお受けしています
  • 勃起の不調でお悩みの方にオススメの情報です。大人気のED治療薬であるばいあぐらを格安な価格で購入できます。詳細はこちらからご覧いただけます。