以前服用していた睡眠導入剤についてです。

きっかけは、私が大学生の20才の頃です。

【投稿者】ゆっか様 徳島県 女性 30歳

以前、マイスリーという睡眠導入剤を服用していました。
きっかけは、私が大学生の頃、20才の頃です。
ひょんなことから夜になっても寝付けない日々が続き、生活や日々の通学に支障を来していました。
いろいろと自分なりに努力しましたが改善がみられなかったので、心療内科を訪れ受診したところ、自律神経失調症からくる入眠困難だとか。
そのため睡眠導入剤として処方されました。はじめて処方されてから、就職するまでおよそ2年間は服用を続けていました。

服用した後はすぐに床につく、これが最重要点

医師から最初に注意をうけていたのは、お酒などと一緒に服用しないこと。
また、服用したあとはすぐに布団に入ること。この二点でした。
もともと私はお酒を常飲するほうではなかったので、前者については問題がありませんでした。
しかし、問題は後者です。服用後すぐに床につくことがほとんどでしたが、目をつぶっても眠られなかったりとか、友人からの着信があるなどで気が散ることが多くありました。
副作用なのかもしれませんが、服用してから眠るまでの間の行動が、ちょっとおかしいことが多かったようです。
電話口で変なことをしゃべっていたとあとで友人からきいて、記憶がないことにぞっとしました。
ですからそれをきいてから、マイスリーを服用するときには携帯の電源を切る、というように習慣づけました。
お役立ち情報
  • 新品のエアコンから中古のエアコンまで当店でお買い上げでないエアコンの取り付けなどエアコンに関することなら何でも対応できるエアコン工事の業者情報になります。
ぐっすり眠れ、翌日の目覚めも良いです
実際の効果はどうだったのかというところですが、見事に眠れます。
ぐっすりと眠れます。しかも、翌日の目覚めがいい!熟睡するところまで落ちれるのかもしれません。
しかし、出先…たとえば友人宅への外泊や旅行のときなどに持って行き忘れると不安にもなりました。
ある意味習慣化されていたというか、依存に近いものもあったかもしれません。
ほかにも通院中はいろんな薬を処方されたことがありましたが、寝起きにふらふらすることがなく、かつ確実に眠ることができたのはこのマイスリーだけでした。
また、母も今別の病気で不眠になっているのですが、睡眠導入剤として処方されているのがマイスリーだそうです。
ですから、私の中では安心かつメジャーなものだ、という認識です。