お薬は正しい容量用法で服用しましょう